万年筆インクで書くローラーボールペンを買いました。【kakimori】

注:この記事はアフィリエイト広告を含みます

Ryota
Ryota
Ryotaです。

以前から知ってはいたけど買っていなかったもの、カキモリのローラーボールペンを買いました。

その存在自体は高校生の頃から知っていましたが、いろんな理由(主に左利き)で購入せずにいました。

購入するきっかけになったのは母がつけペンを始めるべく、カキモリの実店舗について行ったとき。

ペンの軸やペン先を自分の好みに選び、気分やTPOでインクを使い分けるのがなんだか楽しそうで。

その日に使うインクを選び出してボトルの蓋を開け、ペン先をインクに浸して書きだす。

線には独特の強弱と濃淡が出て、道具とインクそして書き手の癖が現れるのが、紙とペンが不要になりつつある時代に、“敢えて”書くことを選ぶ理由の一つになりそうで魅力を感じました。

今回は、万年筆インクが使えるボールペンカキモリのローラーボールを紹介したいと思います。




kakimori ローラーボール


kakimori Aluminium pen – ローラーボール。

今回購入したのはkakimoriのAluminium pen – ローラーボール


アルミニウムのマットな質感。

ダークグレーのアルミボディシンプルでスタイリッシュな印象です。

シンプルで生活に馴染む見た目は僕の好みで、指紋がつきにくいマットな質感も実用的

現在は廃盤扱いとなっているプラスチック製のバージョンもチープさが逆に好みだったので選べたとしたら迷っていたかもしれませんが、アルミボディに満足しています。

気密性が高くインクが乾きにくい日本製の軸引っ掛かりが少なく安定した書き味のドイツ製のペン先を組み合わせたという内部構造。

正直なところ、ペン先の質感はアルミボディほど所有感を満たしてくれるものではありませんが、消耗品と考えれば及第点でしょう。


インクの補充はとても簡単だった。

このペンの最大の特徴は、万年筆のようにボトルインクを補充して書くということにあります。

インクの入れ方は簡単で、ペンのパーツを分解したら、コンバーターの先をインクに浸してボトルから吸い取っていくだけ。

僕もカキモリのホームページを見ながらやってみたら簡単に補充することができました。


インクは限定色の”Comet”。寒色系の黒で使いやすいと思う。

ちなみに、ローラーボールは同じ色を使い続けることを推奨しているので、インクの色を変えたくなったら洗浄液を使って内部を洗うことが必要みたい。

インクは長く使える落ち着いた色をということで、カキモリの定番色である”06 とっぷり”と、3月に限定色扱いで展開していた“Comet”の2色で迷ってしまったのですが、”Comet”のページに書いてあった“シリアルナンバーを同封しますので長くお使いいただけます”という一文に背中を押されて”Comet”を選びました。

実際に試し書きをしてみましたが、適度な重さが心地よくて重心はインクの残量にもある程度左右されそうでした。

冒頭にも書いた通り、ローラーボールは万年筆やつけペンに感じるような”書くことのロマン”をボールペンの形式で体験させてくれる単なる道具ではない風情のあるアイテム。

そんな魅力あふれるローラーボールに敢えて気になることを挙げるとすれば、

  • 毎日使い続けないとインクが固まってしまう。
  • 左利きにとって、万年筆はハードルが高いがローラーボールはどうか。

という2点。

この2つは高校生の時も気になっていて、当時は購入しませんでした。

今回購入したのは”日記をつけるために使う”、”右利きの練習をしたい”という、元々感じていた不安を消す理由があったからです。




左利きの僕の使い方


試し書きしてみた。

※右利きの人にとっては退屈な内容と思われますので、読み飛ばすか左利きの本音としてお読みください。

左利きにとって文房具選びは苦労するポイントで、中でもボールペンにはみんなこだわりがあるのではないでしょうか。

右利きがペンを滑らせるのと比べて、左利きは押し潰すようにして書くのでペン先への負担が大きく、ペン先のボールがうまく滑らなかったり、インクを使い切る前にペン先が潰れてしまったりします。

僕もいくつかのボールペンを無駄にした経験から、水性ボールペンはサラサと無印良品のもの以外使いたくありません。

そんな左利きの僕がカキモリのローラーボールを試した結果ですが、正直なところすごく書きやすいわけではありませんでしたが、他のボールペンと比べると書きやすい方に入ると思います


蔵前のお店では限定色を再現したり、自分好みのインクを作ったりできる。

軽い力で書いていると意図せず線が薄く途切れてしまうこともあったので、しっかりと筆圧をかけて書く必要がありましたが、拙い右手でも試し書きをしてみたところ、万年筆ほどではありませんが非常に滑らかな書き心地

ちなみにペンをしっかり立てて書くと左手でも右手でもカリカリ感を感じながらしっかり書くことができたので、左利きの方はペンを寝かせないことを意識するといいと思います。

ちなみに僕は、先述した通り日記を右手の練習にもしていきたいところ。

前回紹介した無印良品の1日1ページノートで日記を始めたばかりでまだ習慣にはなっていないから、毎回のハードルを上げたくはないですが、新しい年度が始まるこの機会に二つの挑戦をしようかなと。

“Comet”というインクの色も名前も気に入ったので、遠い未来に思いを馳せながら、少しずつ積み上げたいと思います。

まとめ


永く愛用する一本にしたい。

いかがでしたでしょうか。

両利きにはなれずとも、年末にこのペンをお気に入りの品と紹介できるようインクを乾かさずに使っていきたいと思います。

ローラーボールを買ったのはオンラインストアだったのですが、買うきっかけになった蔵前の実店舗は雰囲気の良い素敵なところだったので、また機会があれば遊びに行きたいです。

その時は新しいインクを買いに行く機会だったら嬉しいな、と思います。

このブログでは他にも暮らしをちょっとよくするものやことについて紹介しているのでよければそちらを覗いてみてください。

お読みただきありがとうございました。

関連記事