【植物×自転車×珈琲】清澄白河にOPENしたTOKYOBIKE TOKYOに行ってきた。【The Plant Society】

Ryota
Ryota
Ryotaです。

9月に入ってから気温が落ち着いてきて、カメラ片手に散歩しやすい季節になってきたので、今年の7月にOPENしてから気になっていた、TOKYOBIKE TOKYOに行ってきました。

ここはいろんな表情を持ったお店で、自転車、植物、珈琲、雑貨と色んなものが一堂に会しています

とても素敵な場所だったので、写真多めで紹介していきたいと思います。




TOKYOBIKE TOKYO

TOKYOBIKE TOKYOは“「街は楽しい」を伝える場“というコンセプトのもと、清澄白河にできた2階建ての複合型施設です。


3つのお店が集まっている。

tokyobikeという日常使いをターゲットにした自転車ショップを中心に、The Plant Societyという”植物のある暮らし”を提案するメルボルン発の植物屋さん、ARiSE COFFEE PATTANAという清澄白河にゆかりのあるコーヒースタンドが併設されています。


素敵な自転車と植物が店外からも覗く。

どのお店もすごくディスプレイが綺麗でワクワクする上に、可愛い雑貨も売っているのが嬉しいポイント。

水曜日と木曜日が定休日で、平日は12時〜19時、休日は10時〜18時の営業みたいなので、休日のお昼に行くのが最適な気がしました。

tokyobike

入店すると一階はtokyobikeのエリア。

入って右手奥で自転車の販売や修理を受け付けていました。


リペアスペースも映画みたいでかっこいい。


可愛い自転車達が並ぶ。

正直、今回は植物を目当てに来たので自転車はノーマークだったのですが、ディスプレイがかっこいいこともあり、ミニマルなデザインでパステルカラーの可愛い自転車にかなり惹かれてしまいました笑


自転車が欲しくなった、、

2階に上がる途中の踊り場のようなスペースには、自転車にまつわるものや、日常使いできて持っていてちょっと楽しくなりそうな雑貨が。


自転車のミニチュアが可愛い。


自転車の拡張パーツなんかも可愛いものが豊富。

雑貨屋さんとしてもまた来たいぐらい素敵なものが沢山ありました。

また、2階左奥には子供用自転車のためのスペースも用意されていました。

子供用の自転車もとてもお洒落でインテリアかと思うくらい。


色合いが素敵。

自転車目当てに来ていないのに自転車が欲しくなってしまうほど素敵なお店でした。




The Plant Society

2階はThe Plant Societyという植物屋さんのスペースです。

観葉植物や植物をお手入れするための道具、日常をちょっと豊かにしてくれるような雑貨を展開していました。


所狭しと植物や鉢が並ぶ。

売り場面積が広くないので、園芸店と比較すると品数は少なかったですが、人気のある品種やお洒落な鉢が沢山ディスプレイされていて十分見応えがありました。


最近気になってる、キセログラフィカの大きいのがいました。

植物のお手入れグッズも、他のお店ではなかなか見たことのないような可愛いものが置いてありました。

ぼくにはかなり高級品だったので手が出ませんでしたが、こういうお店でグッズを揃えているのもかっこいいなと思いながら眺めてきました笑


このジョウロ欲しかった。

また、香り系のグッズもいくつか置いてありました。

水やりをするときや植え替えをするときにアロマオイルやお香を焚くことを想定しているのかな、と感じます。


お茶系の香り好きとしては気になったお香。

ぼくにとって、もちろん植物も見ていて楽しかったのですが、鉢や雑貨が欲しくなってくるショップでした。

ARiSE COFFEE PATTANA

写真を撮り忘れてしまったのですが、ネオンが素敵なコーヒースタンドでした。

今回はカフェ巡りの途中に立ち寄ったこともありこちらのコーヒーは飲まなかったのですが、他のお店では飲めないようなアジア産の豆を扱っているみたいなので、今度立ち寄った時はいただいてみたいです。

まとめ


清澄白河の川沿いを自転車で走りたい。

植物を目当てに行ってみたら自転車が欲しくなってしまった日でした笑

植物や自転車に興味がない人でも楽しめる素敵な空間だと思うので、清澄白河に行ったときはふらっと立ち寄ってみてください。

このブログでは他にも暮らしをちょっと良くするものやお気に入りのカフェも紹介しているので、よければ他の記事も覗いてみてください。

お読みいただきありがとうございました。

おまけ

素敵な空間だった分沢山写真を撮っちゃったので、オフショットをまとめておきます。

by
関連記事