【iki ESPRESSO】カフェの聖地、清澄白河ではしごカフェ。【理科室蒸留所】

Ryota
Ryota
Ryotaです。

秋になると台風が増えるので備えが必要ですが、台風の後ってすごく良い天気になりますよね。

台風がやってきた次の日、清澄白河でカフェ散歩してきたので、行ってみて良かったところを2つ紹介したいと思います。

どちらも素敵な場所だったので、写真も含めて楽しんでもらえると嬉しいです。




iki ESPRESSO

まずは遅めの朝ごはんを食べるためにiki ESPRESSOに行ってきました。

休日ということもあって10組ほど並んでいたのですが、2階にもスペースがあるおかげか回転が速く、15分ほどで店内に入ることができました。


ショーケースには美味しそうなお菓子がいっぱい。

行ってみて驚いたのがメニューの多さ。

トースト系だけでメニューが10種類以上あって、パスタやハンバーガーなども美味しそうだったので、何を注文するかなかなか決まりませんでした。


メニューが豊富すぎてワクワクする。

今回は一階の席だったのですが、店内の雰囲気は落ち着いていてかつミニマルすぎない、ぼくの好きな雰囲気でした。


コントラスト低めな雰囲気が居心地がいい。

店内でお腹を空かせて待っていると美味しそうなご飯が到着。


ミックスプレート。


エッグベネディクト+スモークサーモン。

ぼくはミックスプレートを頂きました。

トマトもアボガドも瑞々しく美味しくて、チーズや生ハムとの相性もバッチリ。

一人暮らしをしていると中々自分では食べないようなメニューなので、なんだか清々しい1日が始まりそうな気持ちになれました笑

彼女が食べていたエッグベネディクトも一口もらったのですが、ポーチドエッグはトロトロだしスモークサーモンが癖が強すぎず食べやすくて、とても美味しかったです。


アイスコーヒーも飲みやすかった。


出口付近ではコーヒー豆やキャニスターも。

居心地も良く魅力的なメニューがまだまだあったので、また来たいなと思うカフェでした。

この後は少し寄り道をしつつ、次の目的地に向かいました。




理科室蒸留所(リカシツ)

清澄白河駅から徒歩5分、築50年の倉庫をリノベーションしてできた複合施設“フカダソウ”に入居している“リカシツ”というお店があります。

このリカシツというお店は、理化学×インテリアがテーマになっている理科系グッズのお店で、アルコールランプやビーカー、ピペットなど、”The 理科室”なグッズが揃っていて、結構面白いお店です。

前に行ったときにフィルムカメラで撮った店内。


こちらもフィルムカメラで。インテリアになっていて面白い。

その斜向かいにあるのが“理科室蒸留所”。

水蒸気蒸留されたジンジャーソーダや水出しコーヒーなど、理科の実験をしているようなキッチンから美味しそうなドリンクが出てくるドリンクスタンドです。


入り口ではアートが目を引く。


理科室蒸留所でも理科系グッズが買える。


実験室みたいなキッチン。

今回はジンジャーソーダを頂いたのですが、スッキリしていて美味しかったです。


甘くないジンジャエールって感じ。

店内に飲食スペースがないのと、不定休かつ営業時間が12時〜16時と短いのが注意が必要なポイント。

清澄白河は魅力的なカフェが多いので、空いていたらラッキーくらいの気持ちで行ってみるのが良いかもしれません。

まとめ


移動中に見つけた古本屋にて。

いかがでしたでしょうか。

どちらも清澄白河の定番スポットだと思うのですが、ぼくの好きな居心地が良い、人気の理由がわかる場所なので、好みが合いそうな方は是非行ってみて欲しいです。

このブログでは暮らしをちょっと豊かにするものやコト、お気に入りのカフェを紹介していくので、よければ他の記事も覗いてみてください。

お読み頂きありがとうございました。

おまけ

いっぱい写真を撮っちゃったので、オフショットをまとめておきます。

 

関連記事