毎日使うからこそお気に入りを。4つのコーヒーカップ。【KINTO】

Ryota
Ryota
Ryotaです。

最近休日に限って、気持ちよくない天気の日が多い気もしますが、初夏と秋はついつい散歩したくなる季節。

本当はもっと色んな所に散歩に行ってのんびりした時間を過ごしたいところですが、昨年より忙しくなった生活にまだ慣れていないのか、折角の休日もついついダラダラと午前中を無駄にしたりしています。

そんな部屋での怠惰な時間をちょっと格上げしてくれるのが、ぼくにとってはコーヒーです。

美味しいコーヒーを自分で淹れて一口飲めば、なんだか有意義な時間に変わった気さえしてしまいます。

今回は、そんな気持ちの底上げに欠かせないコーヒーを淹れる、お気に入りのコーヒーカップを紹介したいと思います。

どれも気軽に日常使いしやすいもので季節や淹れる飲み物によって使い分けたりもしているので、参考になると嬉しいです。




THERMOS 真空断熱マグカップ 350ml


THERMOS 真空断熱マグカップ 350ml。

こちらは水筒やタンブラーも人気なサーモスのマグカップ

サーモス定番の魔法瓶構造になっているマグカップなので、冷たい飲み物は結露しにくく、熱々の飲み物は外側が熱くならない優れものです。

また、魔法瓶構造のため、保温・保冷機能は備わっていますが、付属の蓋を付けておくと温度キープ力は抜群です。


蓋を付けておけば小一時間程度なら熱々のまま。

この魔法瓶構造350mlという丁度いい容量のため、コーヒーはもちろんお茶を飲むときにも、なんだかんだ一番使っているのがこのマグカップです。

PC作業や勉強しながらコーヒーを飲みたいときや、飲み物を入れたは良いけど全部は飲みきらないで机に置いておきたいときに、蓋付きのマグカップはとっても便利。

特にホットコーヒーを淹れて作業していると、蓋をしていればホコリも入らないし、一時間経ってもしっかり熱々です。


コーヒーだけじゃなく、飲み物ならなんにでも使ってます。

欠点を挙げるとすれば、食洗機や電子レンジに使えないことくらいでしょうか。

とりあえず一番便利なマグカップが欲しい人はこれがおすすめです。

DURALEX ベルサイユマグ アンバー 260ml


DURALEX ベルサイユマグ アンバー 260ml。

TODAY’S SPECIALで購入したマグカップ。

レトロフューチャーな流れもあってか、最近人気のアンバーカラーのものです。


DURALEXは世界で初めて強化ガラスの食器を造ったと言われる、フランスのメーカー。

耐熱強化ガラス(-20~100℃)なので、日常使いにはもってこい。

電子レンジや食洗機もOKです。

ぼくがこのマグカップを使うのは、のんびりコーヒーや紅茶を飲みたいとき。

サーモスのマグカップは利便性では最強なのですが、気分的にガラスや陶器のカップで飲みたいときもあります。


ドリップコーヒーに使うことが多い。

休日の昼前頃、アンバーカラーのカップでブラックコーヒーを飲むと、落ち着いた良い気持ちになれます。

使い勝手が良くてお手頃ですしスタッキングもできるので、まとめ買いしても良いかも。

TODAY’S SPECIALは丁度良いキッチングッズが多いのでおすすめです。(ガーデングッズもおすすめ。)




KINTO ダブルウォール コーヒーカップ 250ml


KINTO ダブルウォール コーヒーカップ 250ml。

続いてはコーヒーグッズで人気のKINTO

KRONOSというダブルウォールグラスのシリーズから、ぼくは250mlのものを使っています。

耐熱ガラスのダブルウォール構造のグラスは断熱効果があるので、保温・保冷機能を備えつつ冷たい飲み物を淹れても結露がないことで人気です。

他社のダブルウォールグラスと比べてKINTOが優れていると思うのがデザイン。

外側に張り出したリングはグリップ感に繋がりつつデザインとしてもアクセントになっているし、内側のカップ部分は緩やかに角度がついていて飲み物が飲みやすくなっています。


見た目が涼やかで持ちやすいのでお気に入り。

見た目の涼やかさも活かしたいので、ぼくがこれに淹れるのはもっぱら冷たい飲み物です。

最近は水出しコーヒーや、濃いめのコーヒーで作るコーヒートニックを淹れるととても爽やか。


最近はコーヒートニックにハマっている。

サイズ展開も80ml、160ml、200ml、250ml、330ml、350mlと豊富なので、お気に入りのサイズも見つけやすいです。

参考:KINTO / KRONOS

Rhinowares ラテカップ 160ml


Rhinowares ラテカップ 160ml。

最後に紹介するのは最近購入したばかりの、小さめなカップ。

LIGHT UP COFFEEというコーヒーショップで実際に使用しているラテ用のカップです。


Rhinowaresのロゴが可愛い。

爽やかな水色が気に入って購入しました。


エスプレッソマシンは持ってないのでビアレッティ。

基本的には他のカップを使うことが多いと思うのですが、少なめのラテを飲みたいときや、ビアレッティで淹れた濃いめのコーヒーを飲みたいときに使いたいと思っています。


ラテ用に使うことが多い気がする。

気に入っているカフェやコーヒーショップで使っているカップでコーヒーを飲むと、自分で入れたコーヒーでもちょっとテンションが上がりそう。

散歩に行きにくい梅雨の時期に使うのも楽しみです。

まとめ


エスプレッソマシンは高いし置けないという人はビアレッティがおすすめ。

いかがでしたでしょうか。

持っているカップの中でも特に気に入っているものを中心に紹介しました。

収納スペースさえあればもっと集めたいのですが、その分吟味して集めるのも愛着が湧くので良いかな、と思っています。

このブログでは他にもお気に入りのカフェやコーヒーグッズ、暮らしをちょっと良くするものやコトについて紹介しているので、良ければそちらも覗いてみてください。

お読みいただきありがとうございました。

by
関連記事