勉強のためのiPad Proは11インチ?12.9インチ?画面サイズ選びの決め手はこれ。

Ryota
Ryota
Ryotaです

ぼくは大学に入ってから勉強のデジタル化を始めて、全ての勉強をiPadで行えるように工夫してきました

3年間iPadだけで勉強した大学生が思うメリット【3000時間】

その結果、iPad Proを使うことには決まりましたが、迷いどころとしてインチ数がありました。

どちらにもメリットがある。

iPadの基本となる本体サイズが11インチの方であるのは間違い無いですが、だからと言って12.9インチサイズのiPadが特殊な人や、クリエイティブな使い方をする人にしか適さないわけではありません。

違うのはあくまで画面サイズだけとして考えても、iPadをどんな風に勉強に使うかや、どんな作業を他にするかによって、選ぶべきポイントは変わると思います。

11インチは誰でも刺さるオールラウンダー。

11インチの良いところ

11インチはiPadの基本となるサイズです。それ故に、iPadの使い方もよく定まっていない人はとりあえず11インチを買っておけば間違いはない、そういえるようなモデルです。

画面サイズを作業スペースと考えるならできるだけ広い方がいいですよね。でも持ち運ぶことを考えると、12.9インチは13インチのノートPCとほぼ同様のサイズ感。バックパックなら良いけど、トートバッグやショルダーバッグには入らないです。

また、甘く見れないのは片手操作するときのこと。電子書籍や雑誌、PDF書類などを読むときに、単行本のように片手で持ちたいですよね。片手持ちがギリギリできるサイズなのも11インチの魅力。

どこに行くにも持ち運びに困らなくて、画面が小さすぎることもない、誰にとっても便利なサイズです。

11インチのいまいちなところ

画面が小さすぎることはないとお話ししましたが、勉強する上では画面が小さいと思うことがあります。

iPad上で、Split Viewを使って教科書・ノートを同時に開くとき、ノートのスペースは狭すぎて文字を書きにくいし、教科書のスペースも狭すぎて文字が小さい。どちらも拡大する動作が必要になります。

この問題は、iPadを2台持ちすることで解決できますが、もちろん金銭的負担は増えるので、一台で全てを賄いたい人にはいまいちです。

また、動画編集をする人にとっては画面は大きければ大きいほど便利です。そんな、不便とまではいかないけどもっと画面が広ければ便利だなというポイントはたくさんあると思われます。

11インチ向きの人
  • 持ち運ぶ頻度が多い・日常的に使うバッグが小さい人
  • iPadを2台持っている・買う予定の人
  • 何に使うか、どのくらい使うかがはっきり決まっていない人


12.9インチの画面の広さは作業机の広さ。

12.9インチの良いところ

12.9インチの良さはなんといっても画面の広さです。画面の大きさが想像しにくい人は13インチのノートPCを想像してもらえれば、ほぼほぼそのサイズ感です。

11インチでいまいちとお話ししたSplit Viewの表示もなんなくクリア。画面が大きいだけで作業効率が上がるポイントはたくさんあります

また、iPadはSidecarという機能でMacのディスプレイとして使うこともできます。Macのサブディスプレイとして使うには12.9インチが使いやすいですし、13インチのマックブックを使っていたとしたら、ほぼ同じ画面サイズのサブディスプレイとして活用できるのは大きな利点です。

12.9インチのいまいちなところ

12.9インチのいまいちなところはただ一つ、その大きさです。持ち運びづらい、片手操作が厳しい、本体サイズに威圧感があるので電車やバスで取り出しにくいなど、サイズが大きいがゆえの難点が多くあります。

逆にいうと、ここをクリアできる、気にしない人にとっては画面サイズの大きさは利点でしかないと思います。

12.9インチ向きの人
  • 自宅での作業が多い人
  • 13インチ級のノートPCを持ち運ぶのが苦ではない人
  • 勉強をiPad一台で完結させたい人(主に勉強用途)


決め手となる1つの基準。

ここまでそれぞれの画面サイズの利点・欠点をお話ししましたが、どちらも表裏一体というか、トレードオフな部分が多いです。

ぼくはiPadを主に勉強のために使うので、その観点から、どちらを選ぶべきか自分なりの基準をお話しします。

それは、2台持ちするかどうかです。

iPadを2台持ちする・その予定があるなら11インチ、とりあえず一つで完結させたいと考えているのなら12.9インチを選ぶことをおすすめします。

ぼくは、iPadを勉強するために使うには2台持ちすることが最適だと考えているので、詳しくはこちらもご覧ください。

iPadで勉強するなら絶対に2台持ちするべき理由。

12.9インチを使っていて持ち運びに苦を感じ、2台持ちしようかなと思った人は、最強のモバイルiPadであるiPad miniを選べば良いです。

11インチはカバーできる範囲は広いですが、もっと画面が大きければという不満が出ないこともない。ならば2台持ちして作業スペースを広げれば良いのです。

勉強用の観点からいうと、この基準で決めても良いかなと思います。

※ちなみに僕は今、iPad Pro 11inchとiPad mini 6を2台持ちで使っています。

まとめ

iPadはラインナップが豊富で、どの端末を選べば良いのか迷いがちです。

その中でも、性能自体には今のところ大きな差がないインチ数の違いについて、今回はお話ししました。

お読みいただきありがとうございました。


by
関連記事